長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集
デート援


今日:00001
昨日:00001
総合:00015

割り切り
街をぶらぶらしている時に、気になる服がありました。そして、バックと靴。すごく欲しいけれどバイトの給料日までまだ先。本当はやりたくなかったけれど、売れる前に買いたいと思った私はネットでデート援してくれる人を探しました。そして、明日2人の男性とデート援することにしました。

1人目の男性は営業の仕事をしていることもあって平日の昼間にデートをしました。営業だけあってとてもトークが面白い。昼頃に会ったので一緒にランチをしました。もともとHなしで会う約束だったので会話を楽しみました。「このまま仕事に行きたくないから。もっと美樹ちゃん一緒にいたいよ。」「嬉しい。私も同じ事を思っていました。」「また、会おうね。」こうして、1時間のデートで1万円貰いました。

2人目の男性は夕方に会いました。薬剤師の仕事をしていて、見た目の印象は真面目な感じでした。会話も楽しくなければ、彼女いたことほとんどなさそうな感じでした。「ねぇ、何人の人と今までHしたことあるの。俺で何人目になる。」「えっ、Hするつもりはないですよ。」「要求額の2倍払うって言っても。」お金に負けてこの人とホテルへ行くことにしました。

「シャワーどちらから浴びますか。」「俺、浴びない。君だけ浴びて。」さすがに浴びないでHするのは嫌だけど我慢しました。そして彼はすぐに自分のアレを私の口に入れたり、胸は強く揉んだり、全然濡れていないあそこに無理やり入れたり最悪でした。だけど、お金はもらえたので良かったです。これでようやく欲しい洋服とバックが手に入りました。
デート援
謝礼交際
[HP編集]